医師、歯科医師のアルバイト

医療業界で副業やアルバイトが多いという事をしっているであろうか?

特に対象となっているのは医師(ドクター)と歯科医師である。
医師のアルバイトというと主に健康診断や当直、外来患者の対応などのアルバイトが多いという事。
最近ではコロナ禍の影響で、コロナワクチン接種の日勤アルバイトが人気という事である。

概ね医師のアルバイト給与は日給制で1日4万円~10万円という事である。
この金額差としては半日勤務と、全日勤務によって給与がかわるのと、対応業務によっても変る。

中にはアルバイトだけで月給200万円以上稼ぐ医師も存在する。

歯科医師も同様にアルバイトが当たり前の業種である。歯科医師に至っては口内の施術が中心の為、医師の勤務とは異なり実務作業が多いが特徴である。

歯科医師のアルバイトというと一般診療の補助の他、インプラント矯正歯科訪問歯科診療歯科クリニックの院長代理の様あたりがアルバイト中心である。

概ね給与は日給制と時給制に分かれていて、医師(ドクター)よりは給与が安い
日給でいうと1日3万5000円~5万円、時給でいうと3,000円~6,000円という事である。
昨今では歯科医師のアルバイトと人材派遣会社が提携し、定期的な収益を得ている歯科医師も存在する

医師も歯科医師も収益の源泉が保険診療の為、診療における点数がそのまま給与に反映させる。
この為、歯科医師については固定給+診療点数という歩合型の給与体系も人気である。

医療に関しては、主に保険診療点数による収益と高度な医療分野などは自費診療などで稼ぐ病院や歯科クリニックも多い。

いずれにしてもこの診療報酬制度がなくならない限り、医師や歯科医師のアルバイト需要はなくならないであろう。