歯科医師の働き方

tor

歯科医師は学業を終え、歯科医師免許を取得した後大きく2つの道を選択するかたちとなります。
1つ目は自ら歯科クリニックを開業する。2つ目は既存の歯科クリニックで勤務歯科医師として就業するかたちになります。

歯科クリニックの開業となると経営者として、今後全うしていき開業資金として土地建物の調達、内装設備、歯科クリニック内の専用設備、備品などお金がかかり開業するには約8,000万円程の資金が必要となると言われています。
殆どの場合は銀行等の融資により、借金しながら歯科クリニックの営業をスタートするのが一般的です。

一方勤務歯科医師として歩む場合は、これらの資金は必要ありません。必要なのは働く事そして稼ぐ事になります。
勤務歯科医師の現在の平均年収500万円程度を言われています。一般のサラリーマン男性とあまり変りません。
多くのお金と勉強をしてきて、サラリーマンと変らないというのも嘆かわしい内容ですね。

そこで勤務歯科医の働き方、働くプランとしては現在幾つかの選択しが用意されています。

1つ目は月給制で従業員として働く
2つ目は矯正歯科や審美歯科など特殊な技術を身に着け、フリーランスとして働く
3つ目はダブルワーク、トリプルワークでバイト歯科医師として働く
4つ目は訪問歯科診療や医療保険を基に業務請負いで働く
5つ目は紹介予定派遣を活用して、自由に働く

この様な選択肢になります。

特にポイントなのはバイト歯科医師、業務請負の歯科医師、紹介予定派遣の3つになります。

バイト歯科医師は、開業していてもスキマ時間で働く事が出来ます。時給でいうと5000円程度、日給は3万円~4万円でしょうか?この場合週5勤務で働けば月100万円、年収12000万円も実質稼げます。

歯科医師の業務請負となると、多くの場合が日給基本2万円+医療保険点数の20%出来高の様なかたちが多い様です。歯科医師は30分単位の業務が多く、人気の歯科クリニックだと1時間2万円程稼ぎ出せます。
この場合合計すると基本給2万円+医療保険3.2万円=日給5.2万円程度が狙えます。
バイトより更に稼げますね。

最後が紹介予定派遣、派遣の場合は所属がクリニックではなく派遣会社になる為、厄介な庶務は派遣会社が全てやってもらえます。就業先の歯科クリニックで発生したトラブルなども派遣会社対応なので、女性の歯科医師にとっては心強いシステムです。給与は概ねバイト歯科医師と同等で、時給でいうと5000円程度、日給は3~4万円あたりになります。
就業先も派遣会社が進めてくれるので、自分でバイトするくらいであれば派遣会社に所属した方が断然お得です。

歯科医師派遣については、まだ東京都と神奈川県にしか広まっていなく、派遣会社が少ないというのはあります。
理由としては医療行為を行う歯科医師は、禁止業種にあたる為です。ただし同じ派遣でも期間限定の紹介予定派遣という事であれば法律にも抵触しません。

この事は歯科業界の多くの人が知りません。

今後は業務請負と紹介予定派遣が歯科医師の主たる働き方に加わる事でしょう。